© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

ABOUT

2019年8月16日に設立しました。同志社ラグビー部OB中心に結集したタッチスクールです。

同志社大学三連覇の功労者。

クラブキャプテン 児玉 耕樹

NZ AUCKLAND SUBURBS U85KG 1997トップ4、2001準優勝、Dreaming Rainbowの異名を持ち、

1992MTB DS全日本トップ32、1993-96 JCF公認審判長、

元特定郵便局長、ツイッター上では”tomyashi"と呼ばれる。

鮫島彩マニア。今はただのワープア。

チェアマン(代表)兼チームディレクター 矢城 智之

同志社香里ラグビー部OB主務。

バイスキャプテン兼アカウンタント 菊池 将

洛北の老舗ラグビーショップ”ササキスポーツ”のオーナー。

オーディター兼オフィシャルサプライヤー 佐々木 省吾

製鉄記念広畑病院内科部長。

チームドクター 山田 則夫

​以上のコアスタッフが京都のタッチシーンの普及育成に取り組みます。

TEAM

スクール代表ジャージ

チームロゴ

花背

京都タッチスクール代表

 

チームセレクションにおいて優秀な成績を残した者にこのジャージが与えられる。

京都を代表する

五重塔

舞子

をデザインに盛り込み女子ジャージは

で彩を添える。

チームロゴ

​数多くのコンペ候補から選びました。

ジャージの

五重塔

楕円球

タッチの基本はダブルタッチ、両手パス

ラグビーの重要なファクトであるチェンジオブペース

をデザインに盛り込んでます。

花背

チェアマンゆかりの地。6年前父を亡くし、遺産の一部でセカンドハウスを花背原地町に購入しました。3年維持しました。

ワープア生活では維持できず売却しました。地域の人々、土地、祭りにはたいへん愛着ありました。それで、タッチで地域を盛り上げたい。ただそれだけの気持ちで帰ってきました。